ビーイスト 株式会社

アンティークビーズ、とんぼ玉のB'ist(ビーイスト)
アンティークビーズ、とんぼ玉を圧倒的な品揃えで販売する専門店。

1万円以上で送料無料
金赤ホワイトハーツ ホワイトハート
古代ローマングラス シェブロン玉2
カレンシルバー オリジナルネックレス
アウトレット 夏向け素材とアクセサリ特集
週替りセール 50%OFF
8月の新着商品よくあるご質問|7月発送分の2,000ポイント当選番号(3名) 
マイページログイン
新規登録はこちら

商品カテゴリ

 

その他のリンク集

 

WEB

骨董品
骨董品

 

 

HOME»  ビーズ・アクセサリのお手入れ方法

ビーズ・アクセサリのお手入れ方法

1 ビーズ

(1)近代から現代のビーズ(ヴェネチアビーズ、ボヘミアビーズ等)

近代から現代ビーズは、たまに柔らかい布で拭いてあげる位で良いと思います。特に汚れがひどい時は、
洗剤革命等の洗剤に10分程度漬けておくと大抵の汚れは落とせます。


(2)中世から古代のビーズ(ジャワ、イスラム、ローマン等)

古代ビーズは、乾燥に弱いものが多いので、できれば時々身に付けることにより適度の脂がビーズに付着
し、乾燥からビーズを守ってくれます。ほとんど身に付ける機会のないビーズは、少量のベビーオイルを指
に付け、ビーズを撫でるようにオイルを染み込ませると、発色がよくなり乾燥からも守ってくれます。くれぐれ
もオイルの付けすぎには注意しましょう!

また、汚れが気になる時はオイルを少々柔らかい布に染み込ませ、軽く拭いてあげて下さい。これで汚れ
が取れない場合は、そのビーズの素顔だと思ってあきらめましょう。

ローマングラスの銀化については銀化部分が剥がれますが、これを防止する方法はいまのところありませ
ん。ぶつけないように注意は必要ですが、なすがままにしておきましょう。
 

2 アクセサリ

ネックレスやブレスレット等のビーズについては、上記を参考にしていただければ良いと思います。ただし、
留金やシルバーについては、使用後に時々乾いた柔らかい布で拭いてあげましょう。また、夏場等汗が付
着しやすい季節には、使用後に必ずお手入れをしましょう。汗が付いたままにしておくと、金具のメッキが剥
げたり、変色の原因となる場合があります。

シルバーについては、市販の拭き取りシートを使うと簡単に輝きを取り戻せます。